引越し 挨拶

引越しのご挨拶 その時期は?

引越しと言えばご近所様へのご挨拶ですね!
初対面の人とお話するのは緊張するので私は苦手です…
新居での挨拶も必要ですが、旧居での挨拶も勿論大切ですよね。

 

 

○日に引っ越す事になりました。今までお世話になりました!
当日は荷物の搬出作業でご迷惑をお掛けするかもしれません。


 

 

102号室に引っ越してまいりました○○です。
これからお世話になります。どうぞよろしくお願いします。


 

どうですか?
この一言二言の挨拶をするのとしないのでは、格段に印象が変わってきますよね?

 

でも、ただ挨拶をすればいいというものではありません。
例えば極端ですが、転居の半年前に挨拶とか、新居に引越しをする1年前から挨拶まわりとか…かえって「なんでこの時期に?」と逆に不審がられるかもしれません。
何事にもタイミングというものがあるように引越しの挨拶もタイミングが重要です。

 

旧居の場合

引越しの前日までに(2日前〜前日くらいがベスト)

 

新居の場合

引越し後あまり遅くなり過ぎないように(当日の夕方まで)

 

 

>>>引越しの挨拶を考えながら引越し業者の比較をもう一度やってみる

 

一人暮らしの女性の引越し挨拶は?

 

一人暮らしの女性にとって、引越しの挨拶は場合によっては非常に危険なケースがあります。

 

引越し先のマンション自体が女性の住居者のみで形成されている場合は危険度が低いと思いますが、ワンルールマンションなどでどんな人が入居しているか分からない場合は防犯上、挨拶を控えるという判断をした方がいいでしょう。

 

ただ、ご近所にから非常識な人間と思われたくないから引越しの挨拶はしておきたい!と言う人はお手紙でご挨拶という安全な方法もあります。
挨拶文に「ご挨拶に伺いましたがご不在のようでしたので…」と書いておけば、ご近所さんも嫌な顔はしないでしょう。

 

引越しの挨拶は誰に?何人で?挨拶の品は何を選ぶ?

 

引越しの挨拶を誰にするかなんて、何度も引越しを経験していない人なら知らないのは当然ですよね。
一般的に引越しの挨拶をする人はこんな感じです。

 

一戸建ての場合

向こう三軒両隣(お隣さん+自宅の向かい側にある三軒)

 

集合住宅の場合

両隣と上下階(大家さん・管理人さんへの挨拶は必ずする事)

 

また、何人で挨拶に伺うかはその家族構成にもよります。
単身での引越しの方は自ずと一人になりますが、ファミリーでの引越し挨拶は家族全員が基本です。
ただ、3世帯同居など拡大家族の場合は代表の人数人で伺うと良いでしょう。

 

引越しの挨拶品は、あまり高価で無いもので日用品やお菓子などが喜ばれます。
挨拶品の値段としては大体500円〜1000円程度なので、洗濯用洗剤や日持ちのする米菓子なんかが適切ではないでしょうか。
絶対にダメとは言いませんが間違っても30000円の貴金属などはやめておきましょう。
(逆に不審がられるかも…?)

 

最近では引越しの挨拶品を引越し業者が用意してくれるオプションサービスのある業者も出てきました。
引越しに必要なものを全部引越し業者で準備してくれるなんて引越し業者もなかなか考えていますね。