引越し 手続き

引越しに伴う事務手続きは大切!

引越し業者が決まったら…
いえ、引越し検討段階でどんな事務手続きが必要かを把握しておきたいところです。
まず、生活するのに必要不可欠な電気・水道・ガスは必ず押さえておきましょう。

 

電気の手続き

検針票などに記載された「お客様番号」を利用して、引越し一週間前くらいにインターネットや電話で手続きします。新居ではブレーカーをONにして電気を利用します。備え付けの利用開始申込書を記入し投函します。

 

水道の手続き

検針票などに記載された「お客様番号」を利用して、引越し一週間前くらいにインターネットや電話で手続きします。新居ではメーターボックスの水止め栓を回して利用します。備え付けの利用開始申込書を記入し投函します。

 

ガスの手続き

検針票などに記載のガス会社に、引越し一週間前くらいにインターネットや電話で手続きします。ガスを利用する前には、必ずガス会社の人が立ち会いで確認があります。
新居での生活開始と同時にガスを使用できるよう、立ち会い日の打ち合わせをしましょう。

 

引越し時の自治体への各種届け出は?

 

引越しをする際はもちろん住所が変更となるので、各自治体へ届け出を出さないといけません。
引越し先が他の市区町村と同一市区町村では提出書類が異なりますので簡単にまとめてみました。

 

転出・転入・転居届

他の市区町村へ引越し

旧居の市区町村役場で「転出届」を提出し、引越し後14日以内に引越し先の市区町村役場に「転入届」を提出します。
(転入手続き時は「身分証明書」「印鑑」「転出証明書」が必要です)

同一市区町村へ引越し

「転居届」を提出のみでOKです。

 

国民健康保険

他の市区町村へ引越し

「資格喪失」の手続き後、転入先で改めて加入手続きを行います。

同一市区町村へ引越し

「住所変更」の手続きのみでOKです。

 

国民年金

引越先で「転入届」を提出する時に「年金手帳」を提示し、住所変更手続きを行います。

 

印鑑登録

転出届の手続きと一緒に、転入先で改めて印鑑登録を行います。

 

運転免許証やパスポートなどの住所変更

 

運転免許証

  • 同都道府県内での引越し

転居・転入の手続き後に「運転免許証記載事項変更届」を所轄の警察署か運転免許試験場へ提出します。

 

  • 他の都道府県への引越し

新居の所轄警察署か運転免許試験場で変更手続きを行います。

 

パスポート

引越しに伴う住所変更であれば、パスポートの「所持人記入欄」を自分で訂正で問題ありません。(名前変更や本籍地が他の都道府県へ転籍した場合は、各都道府県の旅券センターで手続きが必要です。)