引越し 梱包

引越し業者にはどの作業を担当してもらうかを明確に!

引越しの準備で一番大切なのは計画を立てる事です。
この計画を立てる部分を疎かにしてしまうと、後々面倒な事になります。
特に荷物の梱包作業は時間がかかるので色々と考えながら進めないといけません。

 

具体的にどうやって梱包作業の計画を立てるかというと、自分でする作業と引越し業者にお願いする梱包作業の分担リストを作成してみましょう。

 

次に引越し業者の引越しプランにどの程度までの梱包サービスがあるかを確認します。
オプションで梱包作業を追加できる引越し業者もたくさんあります。

 

また、一人暮らしの女性でも安心して引越しができるように梱包作業に女性スタッフを指定できる引越し業者もあります。

 

>>>梱包作業が得意な引越し業者を探し出す

 

 

引越しの梱包は新聞や古着を有効活用

 

引越しの梱包で細心の注意を払わなければいけない小物はお皿やコップなどのワレモノです。
特に一人暮らしでもそこそこの量があるお皿などの食器は、一枚一枚丁寧に梱包しないと引越し先で開梱した時にバリバリに割れていたりします。

 

ファミリーでのお引越しなら更にたくさんの量の食器を包まないといけません。
一番安心できるのはエアークッション(ぷちぷち)を利用しての梱包ですが、一度ホームセンターで確認してみて下さい。
エアークッションではコストがかかり過ぎてしまう為、全てのワレモノを梱包するのには不向きです。

 

そんな時の便利アイテムは皆様お馴染み「古新聞」です。
読み終わった新聞紙は、思わぬところで大活躍するのですぐに捨ててしまわず、ある程度ストックしておきましょう!
また、着古した衣類も窓や床の掃除に使えて、そのまま捨てることができるのでとても便利です。

 

 

ダンボール箱 梱包用に丁度いい大きさは?

 

ダンボール箱って必要な時に身近にない事って多いですよね。
引越しの梱包作業では必要となってくるので、できるだけたくさんストックをしておく事をオススメします。

 

小物類の梱包には大きすぎず小さすぎない中くらいのダンボール箱がベストです。
小さいと入りきらず、大きいと運ぶ時に重くて底が抜けてしまったり、と引越し当日大変なことになります。
また、スーパーマーケット等の「ご自由にお取りくださいダンボール箱」は無料で貰えるから便利ですが、
一度利用しているダンボールなので汚れがひどい部分があったり、水に濡れていたら強度が大幅にダウンしていたりします。

 

お引越し成約時に無料で何枚かダンボール箱をサービスしてくれる引越し業者も少なくはありません。
また、梱包用のガムテープやビニール紐など梱包お役立ちアイテムも貰える引越し業者もあります。
そういったサービスの部分をうまく利用できる引越し業者を選ぶ事が、大切ですね。

 

>>梱包資材サービスの多い引越し業者で一括見積もり<<